2019年12月12日木曜日

治安をよくするのは武力ではない!

「桜を見る会」招待者名簿廃棄問題を「障害者だから破棄した」との安倍首相の発言には驚いた。この恐ろしい人権感覚は海外メディアへも広く知れ渡った。そしてこの間、日米貿易協定承認案と公立学校教員に1年単位の変形労働時間制を導入する公立学校教員給与特別措置法改定案が参院本会議で可決された。国内農業が大打撃を受けるのは目に見えている。教員の長時間労働はますます助長され、過労死も心配だ。そして「ペルシャワールの会」の中村哲さんの訃報と悪いニュースばかり続いた。
 そんな中、12月1日に開かれた県本部大会での皆さんの発言は、困難な中でも、それぞれの場所で活き活きと活動されている姿が報告されました。全国大会での皆様も元気でしたが、徳島県の女性も多様で元気です。新しい役員も選ばれました。「治安を良くするのは武力ではない」中村哲さんの言葉を胸に、みんなでつながり、声を上げ社会を変えていきましょう!(T)

2019年12月11日水曜日

これからの予定(12/9~1/11)


12/9(月)豚肉産直の日
 11(水)楽しく時事放談 10時~ 徳島支部事務所
      フラワーデモ・リレートーク 18時~徳島駅前
 20(金)県本部委員会 11時半~味扇
     母親大会実行委員会19時~
 22(日)消費税廃止を求める各界連絡会クリスマス宣伝行動
       12時半~ 徳島駅前
 23(月)新婦人しんぶん仕分け・産直野菜 年内最終
1/11(土)映画「主戦場」①10時~②1220~③1440
      郷土文化会館5F小ホール
毎週金曜日18時~ 徳島駅前で原発ゼロ行動
毎月3日、19日 統一行動(憲法共同センター)


2019年12月6日金曜日

秋のひまわり学校、楽しかったよ!

11月23日、56人の親子が集まり川原での活動を楽しみました。
石でかまどを作り、火おこし等子どもに初めて体験をさせる事が出来、保護者から良かったとの声。
石積、水切り、イラスト描き、水遊び、穴掘りなどして友達になったばかりの子ども同士も楽しく交流できました。

2019年12月5日木曜日

税金の私物化「桜を見る会」の真相徹底究明を!

この間いろんなニュースがいっぱい。私のトピックス。
ローマ教皇が来日、長崎市の爆心地公園で「核兵器のない世界が可能であり、必要であるという確信をもって、政治をつかさどる指導者の皆さんにお願いします。・・」とスピーチ。核兵器禁止条約を支持し、「核抑止」を厳しく批判。原発の利用にも反対を表明しました。それに対し、菅官房長官は教皇の主張を全面否定しました。また原子力規制委員会は女川原発再稼働適合と了承しました。
安倍首相主催の「桜を見る会」、今年は18200人、支出も予算の3倍の5500万円を超えた。招待者推薦枠の過半数が安倍首相や自民党、中に安倍昭恵氏のお友達枠も。税金の私物化や有権者買収の公選法違反。反社会的勢力関係者も参加していた。ノラリクラリと逃げまくる安倍首相や菅官房長官。しかし、国会の全野党が参加する「追及本部」ができ、共闘の力で徹底的に真相究明に。絶対逃がさない。
高知知事選挙。「ここで一緒に生きよう。誰ひとり取り残さない」。松本けんじさんの訴えは心にひびきます。3週間前の立候補で約4割の得票。参院選挙の野党共闘がさらに進化したと感じました。  (Y)

2019年12月4日水曜日

これからの予定(12/2~11)

12/2(月)機関紙部会 11時半~
ゆきとどいた教育をめざす徳島県連絡会実行委員会
  3(火)はたらく女性徳島県集会実行委員会 14時~建交労
  6(金)ごみゼロフォーラム実行委員会 10時~
      6の日行動 12時半~ 徳島駅前
母親大会実行委員会 赤紙配布 阿波高校・川島高校前
  8(日))母親大会実行委員会 赤紙配布 徳島駅前 12時半~
  9(月)豚肉産直の日
 11(水)楽しく時事放談 10時~ 徳島支部事務所
※毎週金曜日18時~ 徳島駅前で原発ゼロ行動
※毎月3日、19日 統一行動(憲法共同センター)

2019年12月2日月曜日

徳島県本部大会開催

12月1日(日)第32回徳島県本部大会が開催されました。65名の代議員が集まり、2年間の活動報告や今後2年間の活動方針について話し合いました。会場には小組活動で制作した様々な作品が展示され、参加者は熱心に見て回っていました。

議案報告の後、この2年間、平和、環境、くらし、人権など多様な問題に取り組んできた皆さんの思いのこもった報告が行われ、もっと時間があればと思いました。ひまわり学校の活動からお母さんたちのつながりが生まれたり、「子ども会議」を行い、意見を出し合うことで子どもたちが主体的に行動できるように変わっていったことなど、若い会員さんからの報告もうれしいものでした。M

2019年11月28日木曜日

子どもの権利条約採択30年(日本批准25年)なのに!

2019年3月、国連子どもの権利委員会(CRC)は、日本政府の報告書に対して、最終所見(勧告)を採択し公表した。安倍政権の下、「子どもの貧困」という事態が広がっている日本に対して、3つの勧告内容を提示した。①子どもの「保護」に包括的な政策と戦略を持って取り組みなさい。②社会の競争的な環境から、子ども時代と子どもの発達を守りなさい。③子どもの意見表明権を、子どもの育つ環境のすべての場に確保しなさい。①では、日本の子どもの貧困の深刻さが、国連からも認識され、対応が急務とされている。「先進国」に勧告するのは異例なことらしい。また、虐待や生と性の健康と安全、原発事故後の健康など、日頃心を痛めていたことが指摘された。②では、あまりにもストレスフルな学校環境から子ども達を開放することが政府の今すぐ手を打つべき事だと。③では、自由に意見を表明できる権利があることさえ教えられていない学校のあり方を変える発想の転換が求められているのではないだろうか。「教育再生」というのなら、素直にこの勧告を実行してほしい。(O)